苺の苗の葉かき

苺は結構手間のかかる植物です。

常に見廻って老化した葉を取ってやる必要があります。

病気の予防や害虫の侵入を確認してもし侵入があれば対策を立てるなどします。

そして、クラウン(茎の短い部分)を大きくしてやり、綺麗で大きな苺の実を育てていきます。

作業前の様子です。

作業後の様子です。

苺はランナー(イチゴの弦)の反対方向に花芽が出る性質を持っているので定植の時は株元を確認しながら植えていきます。

花が一杯になるのが楽しみです。

コメントを残す