キトビロが食べごろです

キトビロが旬の山菜として食べごろです。

ギョウジャニンニク(行者ニンニク)と言ったほうが一般的ですが、

北海道ではアイヌネギとも呼ばれ、いまでは希少な山菜です。

修験道の行者が食したものですが、滋養があり過ぎて修行にならない

ことから、行者ニンニクと呼ばれるようになったという言い伝えが

あります。

おひたし、酢の物、炒めもの、てんぷらにもできますが、ジンギス

カン料理に合っていると人気があります。

キトビロは葉茎部分を食べるのですが、写真のとおり形が

スズランに似ているので、もし、山菜採りの折に間違えて

スズランを採ったら大変です。

農場では、エンドウ豆も順調に芽を伸ばしています。

あとは花さえ咲けば一斉に成長します。