竜巻と初冠雪

今年は天候不順が続いています。
それを象徴するような出来事に行き当たり驚きました。
苫小牧から白老方面に車を走らせていたところ、
激しい空気の渦が巻かれ低く垂れ下がった雲が空一杯に広がり急に暗くなってきました。
海岸方向から漏斗状に雲が垂れ下がったまま竜巻がやってきたのです。
そのまま向かってきたら車が巻き上げられるかもしれないので一瞬焦りました。
こちらの心配をよそに竜巻は瞬く間に陸地方向へ消え去ってしまいました。
中々お目にかかれる光景ではありません。
今年は例年より遅く、樽前山の山頂にうっすら白くなった様子が見られたのは10月30日頃のことです。
例年より10日ほどは遅いようです。
朝方だけうっすらと冠雪が見られます。
この日は日中気温も上がらずとっても寒かったです。
いよいよ雪一色になるのももう少しです。

台風を前に蜂が分蜂を開始

北海道に9月4日の夜半から明け方にかけてかなり強風の台風がやってきました。

この台風を事前に察したのか蜂が分蜂を開始してしまいました。

分蜂は、新しい女王ができると、旧女王が蜂の半分を引き連れて出ていくのです。

さあ大変!飛び回っている蜂が一か所に集まるのを待って周りに空き箱を置きました。

雨は降ってくるし、蜜は大量に持ち出しているし、引越しを早く終わらせなくては!

巣箱を少し置いておいても入ってくれないので笹の葉ごとに少しづつ空き箱に入れていったら、なんと、蜂が自主的に引越しするようになりました。

恐らく入れた蜂の中に女王蜂が居たのだと思います。

今日はこのままにして置き、2週間ほど置いてからハウス内へ移動する予定です。

また受粉に活躍してくれるでしょう。