ルバーブが紅くなり出荷の季節です

ルバーブがもう出荷時期を迎えました。

ルバーブはセロリのようなパリッとした食感と強い酸味があり

酸味があるものがお好きな人には待ち遠しいかと思います。

葉が結構大きくなり食用部分の葉柄は葉と同程度の長さかそれ

以上に伸びてきます。

冷涼な気候ほどルバーブの生産に適しており樽前山麓はまさに

ルバーブの適地です。

酸味が強い野菜なので一晩砂糖漬けにしたあと、煮てからジャム

やソースにする人も多いようですが、繊維質が豊富でビタミンC

やカリウムやカルシュウムが多く、乳製品とも合うので、酸味が

あるルバーブのジャムのほうがヨーグルトと合わせると美味し

いという話もあります。

ルバーブジュースやルバーブケーキ、ルバーブの砂糖漬けなど、

レシピが増えると同時に需要も増えてきている野菜です。

「ルバーブが紅くなり出荷の季節です」をLINEで送る

たるまえレタスが注目です。

普通のリーフレタスは葉が巻いた状態ですが、たるまえレタスは葉が巻かず形が大きいのが特徴です。

歯ざわりも良く柔らかいです。

葉レタスより迫力が感じられる形状が人気のようですぐ売り切れてしまいました。

普通のリーフレタスはこのように巻いた状態になります。

それに対してたるまえレタスは葉が巻いていない種類です。

形状が大きいだけに迫力があります。

スーパーセンター トライアル苫小牧東店

北海道苫小牧市柳町1丁目6番9号

パンプキッズはもうすぐ食べごろ

新品種のミニカボチャ「パンプキッズ」はもうすぐ食べごろです。

ミニカボチャとはいっても手ごろな重さと大きさを誇ります。

平均500gぐらい、大きくても600gくらいでしょう。

パンプキッズを一つずつ見ると大きすぎることもなく小さくもなく、ちょうど良いサイズなのが良く分かります。

果形もほぼ同じで綺麗に揃っているのが特徴です。

黄色の細いストライプが入っているのが見えますね。

果色も綺麗な濃い黄色に着果します。

果皮の色は黒緑色です。

「パンプキッズ」の空中栽培の様子です。

草勢が強い品種なので、勢いよく天井のほうに伸びていっています。

空中に一面に広がっているのは壮観です。

可愛くて甘~いパンプキッズ

「パンプキッズ」の実が沢山なっています。

かぼちゃハウスの露地に植えたものです。

根元に集中して玉が育っていました。

この後、枝が出て上のほうに登っていくと思います。

キッズの名の通りミニかぼちゃの一種です。

果実は500g前後でしょうか。


果皮は黒緑色、果肉は濃黄色で、西瓜のような細いストライプが入ります。

強い粉質でホクホク感、甘みが強いです。

可愛いサイズのかぼちゃが沢山成るのが楽しみです。

8月の中旬には採れるでしょう。

とうもろこし

恵みスターです。

今日、800ポット育苗を開始しました。

恵みスターは糖度が高いので、甘みが強く、コクのある美味しいトウモロコシです。

まさにスイートコーンです。

2週間の間をおいて、再び開始します。

出荷は9月を予定していますが、トウモロコシが少なくなる9月末でも出荷できるかもしれません。

今年はどうやら猛暑が続きそうです。

昼夜の温度差が大きくなるのでトウモロコシの甘みが増すといわれています。

スクナカボチャの芽

スクナかぼちゃ。

漢字では宿儺と書きます。

種を植えたのが4月中旬でした。

他のかぼちゃは芽が出揃っても、音沙汰なしでしたが、光を多くしてやるとやっとご機嫌が治り芽を出してくれました。

スクナ南瓜の芽です。

外見は細長いというか長細いというか、長南瓜という種類はありますが、こちらはヘチマに似た長い姿のかぼちゃです。

平均2.5kgkぐらいあり独特の極上の甘い味がします。

調理がし易く、縦に長いのでカット次第によってはステーキみたいにして焼いたりできるようです。

セロリ栽培は..

小さな苗のうちから、これはセロリだなと思わせるような

分りやすい形をしています。

香りが苦手という人もいますが...

昔は薬草だったそうですから、ビタミンBや植物繊維など

栄養分はたっぷりの健康野菜です。

栽培は難しいかもしれません。

続々と苗たちが..

かぼちゃの苗がびっしりです。

すべて植え終わるとほっとします。

おなじみピーマンの苗も

ピーマンの中身は空洞なので頭が悪いイメージで使われる

ことがありますが、ピーマンが可哀想です。

赤、緑、黄のカラーピーマンがありますが、青色LEDみた

いな青色ができたら...

ししとうの苗です。

正式名は獅子唐辛子。

実の先端部分が獅子の頭に似ているのでししとうという

ようですが、苗からはまったくわかりません。

食べるほおずきの苗はこんな感じ

ほおずきは観るだけでなくて食べられる

ほおずきもあります。

それがこの写真の食用ほおずきです。

まだ小さな苗ですけど。

食用ほおずきの苗の様子です。

表皮はオレンジっぽい黄色で食べると甘酸っぱい

フルーティーな感じに育ちます。

ほおずきは果物なんです。

果実の大きさは鶏の卵と鶉の卵みたいに

トマトとミニミニトマトみたいな感じでしょうか。

美肌に良いという話も....

食べるほおずきが拡がっていくのはこれから

ではないでしょうか。