成長中のロングスリム

茎ブロッコリーとも言われるロングスリムがどんどん成長中です。

丁度真ん中に花蕾が伸びてきているのが見えます。

この背丈が伸びてきてそれこそロングなブロッコリーになります。

アスパラを食べるような食感が味わえると言われますが、花蕾が大きく花や茎の繊維質が少ないため柔らかく、甘みも強いのです。

ビッグサイズな茎ブロッコリー!です。

花蕾が伸びてきているロングスリム

ロングスリムは旧名ロングアレッタともいい、アレッタはブロッコリーと青汁の原料ともなるケールを掛け合わせて作られた野菜で、葉も茎も蕾も全て食べることができる有用な野菜です。

続々成長中のロングスリム

アレッタとブロッコリーのいいとこどりのような新しいブロッコリーで、ロングスリムは花蕾が大きい改良型でアレッタ同様ほぼ捨てるところが無い野菜です。

「夢苺農場へのホームページへLINEで飛ぶ」

出荷準備中のカリフローレとアレッタ

カリフローレとアレッタが出荷の準備中です。

カリフローレは蕾の部分も軸の部分も歯ざわりが良くてほんのりと甘いのです。

甘みに加えサクサクした歯ごたえがありサラダなどには最適です。

ブロッコリーの青と紫を合わせてお皿に盛りつけると映えるので、レストランでも好評です。

カリフローレ

アレッタは食べやすく美味しい野菜として最近人気がある新顔野菜です。

見た目はブロッコリーと似ているとおり、ブロッコリーとケールを掛け合わせて作られた日本生まれの野菜です。

ブロッコリーとケールの良いとこどりなので葉も茎も蕾も全て食べることができる有用な野菜です。

花蕾も食べられアレッタはほぼ捨てるところが無いのです!

出荷準備中の野菜たち

「夢苺農場へのホームページへLINEで飛ぶ」

新種のカリフローレとロングスリム

この頃人気が出ている新顔野菜の「カリフローレ」です。

一見するとカリフラワーに見えますが、カリフラワーよりもスタイルが良く見える改良品種です。

出番を待つカリフローレ

株の真ん中につく蕾(頂花蕾)の下の軸がすらりと長く伸びるのが特徴です。

見た目は白い花のブーケかと思うほど可愛いいのです。

蕾の部分はほんのりと甘く軸の部分も歯ざわりが良くてほんのりと甘いのです。

新鮮なカリフローレはくせがなく、生で食べてもおいしい野菜です。

ほんのりした甘みに加えサクサクした歯ごたえがあり、サラダには最適です。

サッ~とゆでると甘みがより強くなるようでほかの野菜との合わせ技にも使えます。

カルフローレはカリフラワーと同様にビタミンCが豊富であり、美肌や抗酸化作用などに効果があるようです。

成長中のロングスリム

アスパラ感覚で茎を食べる新種のブロッコリーはスリムと呼ばれます。

スリムは花や茎の繊維質が少ないため柔らかく、甘みも強いので、茎を食べるブロッコリーとして近年人気があります。

「スリムロング」は旧名ロングアレッタといい、スリムよりも花蕾が大きいのが特徴です。

アレッタとブロッコリーのいいとこどりのような新しいブロッコリーです。

ビッグサイズな茎ブロッコリー!

といってよいでしょう。

ブロッコリーとカリフラワーは、どちらもキャベツの仲間です。

ブロッコリーは、茎のコリコリとした食感と、花蕾のやわらかい食感が楽しめるクセのない緑黄色野菜です。

一方、カリフラワーは淡色野菜。花蕾はキャベツのような甘みで、ほろほろと崩れやすいのが特徴です。

ブロッコリーとカリフラワーに次々と新種がお目見えしており、食卓の楽しみが増えそうです。

「夢苺農場のホームページへLINEで飛ぶ」

バタフライピーの豆が出来ました

8月22日の「バタフライピーが咲いています」の記事でハーブティーで人気のバタフライピーがひと際目を引く澄んだ濃い青い色の花を咲かせている様子をお伝えしました。

バタフライピーは別名チョウマメと呼ばれるくらい花は蝶の羽に似ています。

バタフライピーの花

この綺麗な花が終わり3週間くらい経つとサヤエンドウみたいな豆が出来てきます。

花がお茶になるということは豆も食べられます。

若いさやのうちに、塩ゆでやバター炒め、お浸しにしても美味しく食べることができます。

さやえんどうみたいなバタフライピーの豆

さやは若干くせがある感じがしますが中の豆は柔らかくおいしいです。

バタフライピーはハーブだけでなく葉は飼料になり、豆は食用になるのです。

それだけでなく花の搾り汁はお菓子の染料にもなります。

豆が沢山出来始めている様子

バタフライピーの花はアントシアニンを多く含んでいることが古くから

発見されており、美白効果やアンチエイジングに効くといわれ、ハーブ

として使われる方が多いですが、Butterfly Peaの名の如く花の形が蝶に

似ているだけでなく食べられるマメ科の植物なのです。

バタフライピーは結構背丈があります

「夢苺農場ホームページへLINEで飛べます」

のらぼう菜が育っています

のらぼう菜は江戸時代から栽培されている伝統野菜のひとつです。

昔、のらぼう菜の普及によって天明の大飢饉と天保の大飢饉の際に、人々を飢餓から救ったとの言い伝えが残っている野菜です。

西洋なば菜の一種ですが耐寒性に優れており、花茎を折ってもまた次の脇芽を何度も出す旺盛な生命力を持っています。

冬を越して春先に成長した花茎を、根こそぎではなく手で折り取りながら収穫するのです。

葉や花茎の部分を摘んで食べた後に次の葉や茎が伸びてきます。

必ず手で取るので大量生産には向かず、また収穫後しおれ易いので生産地付近でないと入手しにくい野菜でもあります。

収穫したての花茎は甘く、苦味やくせがなく味わいがあり、風味が良い特徴があります。

胡麻和え、おひたし、サラダなどにお使いの方が多いようです。

のらぼう菜の本来の旬は越冬後の3月下旬から1か月足らずの短い期間です。

元々は関東地方の伝統春野菜として受け継がれてきましたが耐寒性があるので樽前山麓でも立派に育っています。

「夢苺農場ホームページへLINEで飛べます」

「夢苺の恋」が花盛りです

ハウスの中では今「夢苺の恋」が花盛りの真っ最中です。

「夢苺の恋」は夏秋いちごの品種なので今花が咲いているのです。

もともと苺は暑さに弱いものなので冬春の「一季成り」の品種が多く、夏から秋は果実の収穫が難しい時期にあたっていました。

この時期に収穫できるいちごは、冬春に収穫する「一季成り」に対し「四季成り」の夏秋いちごといいますが、夏秋いちごは昔は一季成り苺に比べるとあまり美味しくなかったのが実情だったのです。

ここに信州大学の農学部(大井教授)が開発した新品種(信大BS8-9)の登場によって大きくいちご市場の印象が変わりました。

従来の夏秋いちごに比べて高い糖度を持ついちごの誕生です。

このあと寒くなってくると段々糖度が上がり最高15度ぐらいになります。

甘いのは勿論ですが、酸っぱさ、それに香りの良さがあり、それに加え形が綺麗なハート型になり、また果芯まで赤いのでカットしても見た目が良く、適度な硬さがあるので日持ちがするのも魅力の一つです。

夢苺の恋はこのロゴマークが目印です。

今までにない特徴を備えた非常にバランスがとれたこの苺に惚れ込み【夢苺の恋】と名付けました。

生食は勿論のこと夏は冷凍苺やレストラン・ケーキ店など様々なニーズに応えれる実に魅力的ないちごです。

詳しくは「夢苺の恋」のページをごらんください。

「夢苺農場ホームページへLINEで飛べます」

アレッタの花蕾が出てきました

アレッタはまだあまり知られていないかもしれません。

食べやすく美味しい野菜として徐々に人気が出てきている新顔野菜の名前です。

アレッタの見た目はブロッコリーと似ていますが日本生まれの野菜です。

ブロッコリーと青汁の原料ともなるケールを掛け合わせて作られた野菜でブロッコリーとケールの良いとこどりなので葉も茎も蕾も全て食べることができる有用な野菜です。

花蕾も食べられアレッタはほぼ捨てるところが無い野菜なのです!

もう少しで頂花が出そうなアレッタ

ケールは特有の苦みがありますが、アレッタは茎の部分に甘みがあり、アレッタならではのほんのり苦みを感じさせる味わいがあるとともに適度な歯ごたえがあります。

蕾にはブロッコリーの約3倍といわれるカロテンやビタミンC・Kが含まれており、健康志向の時代にぴったりの野菜です。

カロテンは美肌にもつながる栄養素なので女性に嬉しい野菜と言えるでしょう。

生のままでも食べられ、料理も手軽で下茹でやアク抜きなども必要ありませんし、お手軽に作るならおひたしやサラダなどでもよいでしょう。

肉料理に使ったり、天ぷら、胡麻和え、炒め物などメニューは多彩に工夫次第です。

ブロッコリー
ケール

「夢苺農場のホームページへLINEで飛べます」

バタフライピーが咲いています

夢苺農園には今、ひと際目を引く澄んだ濃い青い花が咲いています。

ハーブティーで人気のバタフライピーの花です。

青い花にはアントシアニンという天然の青い色素が含まれています。

バタフライピーをお茶として煎じると綺麗な青いお茶になります。

更にレモンを垂らすとレモンは酸性なので青色からピンク色に変化します。

バタフライピーは染料としても使われるのでお茶にしてもとても綺麗な青い色のお茶になります。

まさに魔法のハーブティーという感じがします。

日本でもここ最近バタフライピーの人気が上がっており、青いお茶の見栄えがとても良いのが人気のようです。

バタフライピーの花をお湯に入れると自然の色と思えないようなとても綺麗な青い色がじわじわと出てくるのが分かります。

マメ科の植物で花の形が蝶々に似ていることからButterfly Peaと名付けられたようです。

アイスキューブを作ったり青い炭酸水にしてみたり、柑橘類を変えて紫色を出してみたり色々と工夫すると楽しみが増えそうです。

人気が最近あるのはアントシアニンの含有量がマロウなどのハーブより多く、疲れ目や美白効果、アンチエイジング、生活習慣病の予防などに役立つとの健康ブームによるものと思われます。

夢苺農場のホームページへLINEで飛べます。

モザイクマーケットへ出店します!

苫小牧のまちなかで行われるマルシェイベントでお馴染みの

モザイクマーケットが8月1日に開催されます。

(株)夢苺は「樽前そだち」ブランドのいちご(夢苺の恋)や

野菜を取り揃え出店いたしますのでどうぞお立ち寄りください。

  • 出店者さん情報の第二弾で紹介していただきました。

夢苺農場のホームページへLINEで飛べます。

2週間の貴重品「生にんにく」の初出荷です。

にんにくは通常は長期保存のために水分を飛ばしたり高温乾燥処理をして流通しています。

生にんにくは一般的にはほとんど流通していない「掘りたてのにんにく」のことです。

掘りたてに相応しく通常の乾燥にんにくでは味わえない、シャキっとした瑞々しい食感、もちもち感、掘りたての甘味感などを味わえます。

一年間のうち、この時期2週間だけの収穫時期しかこの味を楽しむことができません。

一年一度の旬の食感でこの時期を逃すとまた来年まで待たねばなりませんので、まさに2週間の貴重品と呼べるものです。

葉付き、根付きの本来のにんにくの味を待たれている方のために本日初出荷いたしました。

食べ方はやはり「生」を好まれる方が多そうです。

薄くスライスしたりすりおろしたりすれば自然の状態の瑞々しさを味わうことができます。

また醤油漬けにすれば何年でも保存できます。

生にんにくはトライアル西店にて取り扱い中です。

スーパーセンター TRIAL 苫小牧西店
苫小牧市錦岡53番地1